HOME >大手ハウスメーカーの下請け仕事

多くの人が知らないハウスメーカーの裏の真実を教えます。

私たち工務店の仕事の中心は、みなさんが思っているように地域のお客様からの住宅建築やリフォームの注文を受けることです。

でも、残念ですが、多くの工務店はそれだけではやりくりしていくことができません。

建築や建設業界にそれほど詳しく無い人たちはほとんど知らないと思いますが、私たちのような小さな町の工務店では、テレビCMで見かける誰もが名前を知っているような大手ハウスメーカー(HM)、住宅メーカーの下請け仕事をしていることが多いです。

「え!どういうこと?」と思われる人もいるでしょう。

ハウスメーカーって、自分たちで家を作っているんじゃないの?って思いますよね。

でも、実はそれは違います。

一部のハウスメーカーでは自分たちの完全子会社の施工専門会社を使って家を建てていますが、ほとんどのハウスメーカーは注文を受注したあと、実際に現場で建築・施工するのは下請け(外注)に出した各地域の地元の工務店です。

これを聞くとちょっと騙されたような感じを受ける人もいるでしょう。

大手のハウスメーカーだから安心だし注文したのに、実際に家を作っているのは別の会社だなんてちょっと嫌な感じがしますよね。

でも、これがハウスメーカーの真実です。

つまり、同じハウスメーカーに注文したとしても、実際に家を建てる会社は人によって違うということで、品質にばらつきがあることがあるということを意味します。

もちろん、ハウスメーカーがある程度の管理をしていますので、最低限の品質は保たれますが、それにしても大工さんは人間ですから腕の良し悪しがあるので品質に差が生じるのは間違いありません。

なので、ハウスメーカーに注文するときにはそのことを理解した上で注文するようにしましょう。

テレビCMや住宅展示場に立っている豪華なモデルハウスなどに多額の資金を投入していますので、その分が価格に乗っているということも知っておきましょうね。

人によって考え方は違いますが、私個人的には、家を建てたりリフォームするなら地元の実績と技術のある小規模な工務店に依頼するのがベストだと思います。

HOME >大手ハウスメーカーの下請け仕事